店舗内装

飲食店を開業する場合の内装工事箇所と費用を紹介!

みなさんは、飲食店の開業を検討されたことはありますでしょうか。

飲食店を成功させるためには、開業時に様々なことを想定して検討の深度を深める必要があります。

本記事では、飲食店を開業するにあたっての注意するポイントや各種費用などについてご説明したいと思います。

 

 

飲食店における内装工事を成功させるために抑えるポイントについて

飲食店の開業を検討した時、まずは内装工事をどのようにするのか検討しなければなりません。

内装工事を行うにあたり、事前に決めておくべき項目がいくつかあります。

ここでは、内装工事を成功させるためのポイントをご紹介したいと思います。

 

コンセプトについて

飲食店を成功させるためには、内装のデザインが非常に重要となります。重要なのは、そのお店をどのように魅せたいのかを明確にしてコンセプトを決定づけることです。

主となるお客さんやどのようなメニューとするのかの方向性によって、適切な内装はかなり違ってくるのです。事例を挙げると、ファミリー層で利用するファミリーレストランと紳士淑女が嗜む場として利用するカウンターバーを比較すると、お店の中の雰囲気やレイアウトは全く違った基にしなければならないことは明らかです。

お店のコンセプトを決定するために、まずは主となるお客さんをどこに設定するのかを明確にします。年代及び性別などを考慮して、どういったものに趣向の重きを置いているお客さんをお店のターゲットとしたいとのかを考えるのです。

主となるお客さんをどこにするのかを決定することができれば、お店を構える場所を検討します。お店の場所を決定するにあたって重要なのは、主となるお客さんが足を運びやすい場所にしなければなりません。コンセプトの方向性が決定することによって、お店の内装だけに留まらずテナントの賃貸料の目安も付けやすくなります。また、周辺店舗はライバル店となることが想定されるため、どのようなメニューを提供しているのかや料金の相場を確認することも肝要です。

 

施工業者について

飲食店のコンセプトを決定することができれば、次は実際に行う内装工事について検討しなければなりません。内装工事は、大掛かりな工事となることから家庭で行うDIYとは違って自分一人で行うことはできません。自分で対応できないのであれば、内装業者を選定して施工を発注すると言った外注スタイルを取らなくてはならないのです。施工業者の良し悪しによって、お店の出来上がりが全く違ったものとなってしまいますので、非常に重要なポイントであると言えます。

ここからは、施工業者を決定するにあたって注意したいポイントをご説明したいと思います。

 

飲食店の内装工事の実績が多い施工業者を選択する

内装工事を生業としている施工業者はたくさんありますが、果たしてどの施工業者でもクライアントが望んでいる飲食店内の内装デザインを実現することができるのでしょうか。

内装工事はたくさん受注しているけれども、飲食店の内装工事に限定すると実績がない施工業者にお願いしてしまうと良い店舗にならない可能性があります。

1つの事例ですが、接客するフロアと料理を調理するフロアとの動線が適切に確保できていないような厨房機器の配置になってしまったりなどが想定されます。そうなってしまうと、使い勝手は非常に悪い店舗となってしまうのです。しかし、飲食店を対象とした内装工事の経験がたくさんある施工会社であれば、最適化されたレイアウトを考慮し、使用する部材などについても経験値に基づいて把握しているので、見た目もそうですが使い勝手を含めた利便性も高い非常にバランスの取れた内装を実現してくれることでしょう。

 

自社提案をきちんとしてくれる施工業者を選択する

飲食店の内装工事は、どちらかと言えば安いものではありません。自己資金か銀行などから借り受けた融資なのかはたもかく、かなりの費用を捻出しなければなりません。そのような大切な費用をかけたにもかかわらず、自分が想像していた飲食店の内装と違ったものであったら目も当てられません。また、実際に店舗として稼働したときに、接客と調理などの動作を行った時に動きにくいようなレイアウトとなってしまっていては、オーナーからすると非常に使い勝手が悪いお店となってしまうのです。

オーナーは、お店のコンセプトなどイメージを持つことは大切ですが、実際にそのイメージ通りのものを作った時に、使い勝手が良いものとなるのかどうかはプロの意見を聞くべきであると言えます。そのため、施工業者の選定には、こちらの意見を聞いてくれることも大切ですが施工会社から提案などの意見を積極的に出してくれるところを選ぶようにしてください。両者で納得いくまで話し合ってもらって、自分が理想としている飲食店の内装に近づけて頂きたいと思います。

 

飲食店における内装工事の注意点について

飲食店の内装工事を行うにあたって、費用の相場や事前に認識しておいた方が良いポイントがいくつかあります。

ここでは、そういったポイントについてご説明したいと思います。

 

坪単価費用について

内装工事に伴う費用は、坪単価に応じて変動します。何か変わった特別な工事とならない一般的な飲食店においても、坪単価の相場は30万円から50万円程度必要となっています。一般的な飲食店ではなく、趣向を凝らしたデザインとするなどの特殊性が伴って来ると坪単価も特殊性に応じて高くなってしまうのです。

また、天井・壁・床などに使用する部材によっても坪単価は変わります。それほどデザイン性に優れたものでない部材を使用するのであればそれほど高額となりませんが、デザイン性に配慮した部材などでは材料費が高くなってしまいますので、必然的に内装工事に関する費用も高額となりますので注意が必要です。

 

予算計上について

飲食店における内装工事に伴う費用の相場及び内装工事に関する費用は、坪単価で異なることは上述したとおりです。そのことを念頭において、予め自身が捻出可能である予算の上限を決定しておくことが非常に重要となります。

自身の飲食店を構えるにあたって、どこに重きを置くのかを自分の中で明確にイメージしてください。内装にこだわりたいと考えているのであれば、妥協しないポイントは必然的に内装に関するデザインなどです。しかし、限られた予算の中で実行に移さなければなりませんので、妥協できるポイントをどこに置くのかが重要となります。例えば、少し立地条件の悪い場所に店舗を構えることによって店舗購入費用を抑えたりすることによつて、計上している予算の内訳の重きを内装へとシフトさせると言った感じです。このように、自分で妥協できるポイントとできないポイントを明確にすることによって予算内で内装工事を修めるようにしましょう。

なお、スケルトン物件などを検討されているのであれば、何もないところから全て作り込まなければなりませんので多額の予算が必要となるためご注意ください。

 

インテリアについて

飲食店は、お店の中で料理を食べることだけを目的としているのではなく、リラックスできる空間とすることも極めて重要となっていますので、お店の雰囲気を良くするために座り心地が良いイスをチョイスしたり、間接照明などお店の雰囲気が良くなるようにするための配慮が必要となって来ます。それらにこだわった結果、インテリアに関連する予算が想定よりも高額となってしまうケースが多く見受けられます。

スケルトン物件を検討されているのであれば、天井及び壁の部材もについてもオーナーで決定することができるメリットはありますが、その分予算についても高額となってしまうことを忘れてはいけません。

内装へのこだわりたいが強いことは非常に良いことですが、まずは自身が理想とする部材やインテリアを素直に購入するといくらくらいになるのか試算しましょう。リアル店舗で実物を確認し、高額で手が届かないのであれば似たような商品をインターネットで購入するのも良いですし、リサイクルショップで購入することもおすすめです。工夫をして少しでもインテリアに関する費用を抑えるようにしてください。

 

ローン構築について

内装工事で最も注意をしなければいけないのが、必要となる経費の支払です。

一般的な住宅であれば住宅ローンを構築することができますが、内装工事では銀行などにおいてローンを構築することができないため、その場で予算を用意して支払わなければなりません。

自己資金が潤沢にあれば良いですが、用意できない事情があるのであれば日本政策金融公庫や金融機関といったところから融資を受けることを検討しましょう。

融資を受ける場所によっては、事業計画の提出を求められるところもあります。融資するところは、返済してもらえない可能性をリスクとして考慮しなければなりませんので、返済することが可能かどうかを確認するために事業計画の提出が求められるのです。実際に飲食店を開業してから返済することが可能である売り上げ目標を立案し、返済計画を具体的に提示することによって融資を受けられる可能性を高めて頂きたいと思います。

 

 

飲食店における内装工事の相場について

ここからは、具体的な内装工事の費用をご説明したいと思います。

 

各種内訳について

  • デザイン設計

35万円~70万円程度。

 

  • 設計管理

25万円~50万円程度。

 

  • 内装工事

50万円~150万円程度。

 

  • 厨房工事

30万円~300万円程度。

 

業態別について

具体的な業態別の坪単価相場は次のとおりです。

業態 費用相場
カフェ 約15万円から25万円程度
レストラン 約25万円から40万円程度
和食店 約35万円から50万円程度
焼肉店 約50万円~

 

各種内訳について

  • 電気工事

約80万円~120万円程度

 

  • ガス工事

約35万円~40万円程度

 

  • 水道工事

約60万円~120万円程度

 

  • ダクト工事

約80万円~120万円程度

 

まとめ

ここまで、飲食店を開業するにあたっての注意するポイントや各種費用などについてご説明させていただました。

 

今後、飲食店の開業を検討されておられる方にとって少しでも本記事がお役に立てたのであれば幸いです。

 

 

 

店舗の見積もりが無料で届く

内装広場では最大3社に見積もりを出せる無料サービスを実施中。

お断りも自由なので、お気軽にご利用下さい。

 

 

無料見積り