ショップ内装画像1

ショップを開きたいけど、内装工事にはどんな施工が必要なのか、どのくらいの費用がかかるのか、不安な方が多いと思います。
そんな不安を「内装広場」が独自に解説します。

ショップの内装は何から始めればいい?

商品を販売するショップ店では、お客様が長時間滞在し、リラックスするような環境は少ないですが、売りたい商品のコンセプトに合わせた内装にすることは視認度を高めていく上で重要なポイントになりますので軽視してはいけません。
内装を考えるにあたり、最も売りたい商品は何か、どのようなイメージにするか、内装に費やせる予算はどれくらいなのかを決めるところから始め、大まかなイメージを書き出しておくと良いでしょう。

ある程度イメージができたら、そのイメージが実現できそうな物件と内装業者を選定し、お見積りを依頼をします。
この際、業者に任せきりにするのではなく、しっかりとした打ち合わせで希望を伝えておくことが重要です。
しかし、予算などによってはすべてが思い通りになるケースは少ないので、希望するイメージの優先順位を付けておくと妥協できる点も分かりやすくなります。

ショップ内装の平均坪単価は、以下を参考にしてみて下さい。

飲食店の内装費用 平均坪単価(10~30坪程度)

 ・居抜き物件の場合:15~20万円程度
 ・スケルトン物件の場合:20万円~40万円程度

ショップの内装はどんな施工が必要?

ショップの内装工事のメインは、商品を展示・陳列する棚などの造作工事です。
そして、お店の外から商品が見えやすいようにする施工も考えなくてはいけません。

もちろん壁や床の張替え・装飾に加え、電気・空調設備などの施工が必要です。
厨房・ガス・水道などの施工が必要ない分、飲食店などの施工より費用は少なくなりますが、使用する材料や素材によって工事費も変わってきます。

また、物件が居抜きの場合は既存の設備を使いまわすことができる利点もありますが、新しく作り直す場合は解体作業が必要になり、解体費用が加算されます。
しかし、必要な施工は各物件の現状や細かい仕様によって左右されるため、思ってもみない部分で施工が必要だったり、お見積りでは明記のなかった追加費用が必要になったりするので、全体的な施工範囲をあらかじめ把握しておき、内装業者と一緒に確認していくことが大事です。

ショップの設備工事内訳の費用相場は、下記を参考にしてみて下さい。

ショップの設備工事内訳

 ・仮設工事:15万円~25万円程度
 ・造作工事:20万円~30万円程度
 ・電気工事:30万円~40万円程度
 ・空調工事:20万円~30万円程度

ショップに並べる商品をどのように見せる?

ショップにおいて、特に洋服・アクセサリー・化粧品など身につけるものを売る場合は、お客様の行動や購買意欲はほぼ「視覚」で決まります。
したがって、内装のコンセプト付け、商品のディスプレイ方法などは集客・売上に大きく関わる要素です。

また、季節感の演出や流行による陳列配置など、細かい部分に気を遣うことで、他店との差別化を図ることがお店の売上を左右していきます。
集客・売上げアップを目指すには、常に自分なりのアンテナを張りめぐらせて情報収集をし、準備をしていくことが成功の鍵になると言えるでしょう。

ショップの開業に必要な手続き

ショップを開業する際の特別な手続きは必要ありません。
しかし、事業を開業する際の一般的な手続きは主に次の3点になります。

まずは、税務署に開業の届け出をします。
個人で開業する場合は開業後1ヶ月以内、法人の場合は登記した日から2ヶ月以内に届け出ます。

次に、社会保険事務所への加入です。
個人では常に5人以上の従業員を雇用する、法人では常に1人以上を雇用する場合は健康保険・厚生年金保険に加入する義務があります。

そして、常に1人以上を雇用する場合は、労災保険と雇用保険の加入が必要です。
労災保険は事業を始めた日から10日以内に労働基準監督署に届け出、雇用保険は雇用時の翌月10日までに職業安定所に届け出ることになります。

それぞれ届け出る機関や期日が異なりますので、注意して手続きを行いましょう。